テーマを変更前に実際の本番環境でテストできる【WP Theme Test】の使い方

テーマの変更やカスタマイズをする場合には、ローカル環境でテストを行い、問題がなかったことを確認した上で実行するのが確実だと思います。

でも、ちょっとした変更のためにテスト環境の構築は面倒だし、細かい部分などの調整はやはり実際の本番環境で試しておきたいもの。

水面下でこっそりとテーマのテストができれば便利になりますね。

WP Theme Test】は、テーマを変更する前に本番環境でテストすることのできるプラグイン。

訪問者には現在使用中のテーマをそのまま表示しますが、ログインユーザーにはテスト用テーマを表示するので、テーマ変更前に不具合等を確認することができます。

こんな場合におススメ

  • テーマのカスタマイズや変更前にテストしたい
  • ローカル環境で作成したWordPressテーマを本番の環境でテストしたい

プラグインを使ってできること

  • サイト訪問者には現在使用中のテーマを表示しつつ、ログインユーザーにはテスト用テーマを表示する
  • テーマ変更・カスタマイズ時に、実際に使用しているサーバー環境で動作確認できる
スポンサーリンク

インストール

WP Theme Test インストール

  1. 管理画面から プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. WP Theme Test“で検索する
  3. “今すぐインストール”をクリック。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。
WP Theme Test – WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする […]

WordPressのプラグインをインストールする方法

使用方法と設定

WP Theme Test 使用方法と設定

  • STEP.1
    テストテーマ
    テストしたいテーマを選択します。
  • STEP.2
    現在の状態
    『On』を選択して保存すると、テストテーマが表示されるようになります。
  • STEP.3
    表示する権限グループ
    テストテーマを表示するユーザーグループを選択します。
    複数人で運営していたりする場合は、権限グループを複数選択します。
  • STEP.4
    パラメーター機能
    機能有効時、URLに『?theme=テーマ名』というパラメーターをつけると、ログインしていないユーザーもテストテーマを確認することができるようになります。
  • STEP.5
    IP Address
    記述したIPアドレスのユーザーにだけ、テストテーマを表示します。
  • STEP.6
    変更を保存
    上記項目を設定の上、保存します。テーマをテストしたいだけならば、『テストテーマ』を選択し『現在の状態をOn』にしてください。

動作確認環境

  • バージョン 1.1.0
  • WordPress 5.2.2
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【WP Theme Test】は、ログインユーザーだけが指定したテーマでサイトを確認することのできるプラグイン。
  • 実際のサーバー環境で、テーマ変更やカスタマイズなどが水面下で行えるので、とても便利です。
テーマを変更前に実際の本番環境でテストできる【WP Theme Test】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク