投稿した記事を公開したまま下書き保存できるプラグイン【WP Post Branches】の使い方

一度公開した記事をリライトするとき、公開中の記事も下書き保存できればいいのに、と思ったことはありませんか? もちろん記事はそのまま公開した状態で。

リライトはじっくりと時間をかけて行いたいもの。一気に書き上げて保存するよりも、こまめに下書き保存ができた方が便利です。

WP Post Branches】は、公開済みの投稿をコピーし、ブランチ(リライト用のコピー)を作成するプラグイン。

公開中の記事はそのままの状態で、ブランチを編集・下書き保存することができるようになり、ブランチした記事を公開すると、ブランチは元の記事に併合され、削除されます。

すでに公開している投稿に変更を加えることなく、編集・下書き保存が可能になるので、とても便利です。

こんな場合におススメ

  • 記事・固定ページを公開したままの状態で、編集・下書き保存したい

プラグインを使ってできること

  • 公開済みの投稿をコピーし、ブランチ(リライト用のコピー)を作成する
  • ブランチを編集・下書き保存することで、公開済みの記事はそのままの状態にしたままにしておける

スポンサーリンク

インストール方法

WP Post Branches インストール

  1. ダッシュボードから プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. WP Post Branches“で検索する
  3. “今すぐインストール”をクリック。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。
WP Post Branches – WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする […]

WordPressのプラグインをインストールする方法

使用方法

プラグインを有効化すると、投稿画面に『ブランチを作る』ボタンが表示されるので、ボタンをクリックします。WP Post Branches 使用方法1

ボタンをクリックすると、ブランチ(コピー)が作成されるので、あとはブランチした記事を編集し、下書き保存・公開を実行してください。記事を公開すると、ブランチと元の公開記事が併合され、公開されるようになります。(ブランチは削除される)

WP Post Branches 使用方法2

また、作成されたブランチは投稿一覧から開くことができます。
ブランチは、『○○○(元の記事ID)のブランチ』と表示され、ブランチであることが分かるようになっています。

WP Post Branches 使用方法3

ブランチ作成の際、メディアを複製しないようにする場合

WP Post Branches メディア
ブランチを作成すると画像などのメディアもコピーしてくれるのですが、ブランチのたびに投稿に紐づいたメディアが増えてしまいます。
メディアはコピーしてほしくなかったので、複製されないようにしました。

そのままでも大丈夫という方は、以下の処理は飛ばしてください。

プラグインを編集し『attachment』の部分をコメントアウトする

プラグインを編集するときは、必ずバックアップを取ってから行うようにしてください。

管理画面 > プラグイン > プラグインエディター からプラグインの編集を行います。
【WP Post Branches】の『wp-post-branches/wp-post-branches.php』のだいたい67行目から107行目にかけての部分(//attachment部分)をコメントアウトしてください。

WP Post Branches プラグイン編集

下記のコード(attachment部分)をコメントアウト。

動作確認環境

  • バージョン 2.3.4
  • WordPress 5.2.1
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【WP Post Branches】は、記事・固定ページを公開した状態のまま、編集・下書き保存を可能にするプラグイン
  • 公開している投稿はそのまま表示しておいたまま修正が可能になるので、リライトがとても便利になります。
投稿した記事を公開したまま下書き保存できるプラグイン【WP Post Branches】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク