ウィジェットを条件分岐で表示・非表示を切り替える【Widget Logic】の使い方

サイドバーなどに表示したウィジェットを、『トップページにだけ表示したい』、あるいは『PCだけ表示してモバイルでは表示したくない』ということを思ったことはありませんか?

Widget Logic】は、ウィジェットに条件分岐タグを指定することができるプラグイン。

ウィジェットごとに条件を指定することができ、特定の記事・ページでウィジェットを非表示にしたりすることができます。

こんな場合におススメ

  • 404エラーページでは、広告を非表示にしたい
  • モバイルで表示するときは、ウィジェットそのものを非表示にしたい
  • 特定の記事やページで、ウィジェットを非表示にしたい

プラグインを使ってできること

  • ウィジェットを条件分岐によって、表示と非表示を切り替えることができる
スポンサーリンク

インストール

Widget Logic インストール
Widget Logic インストール
  1. 管理画面から プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Widget Logicで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

Widget Logic

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする[…]

WordPressのプラグインをインストールする方法

【Widget Logic】の使用方法と設定

【Widget Logic】の使用方法

  • STEP1
    ウィジェット
    プラグインを有効化すると、各ウィジェットに条件分岐を記述するテキストエリア『ウィジェットのロジック』が追加されます。

    Widget Logic 使用方法

  • STEP2
    条件分岐タグを記述
    『ウィジェットのロジック』に条件分岐タグを記述し保存します。

    例:投稿のみにウィジェットを表示したい場合は、『ウィジェットのロジック』内に【is_single()】と記述。

    Widget Logic 使用方法

    条件分岐タグについては後述。

  • STEP3
    使用イメージ
    保存すると、指定した条件の通りウィジェットが表示・非表示されます。

    例:投稿ページのみウィジェットを表示

    投稿ページのみウィジェットを表示
    Widget Logic 使用イメージ
    投稿ページ以外ではウィジェットが非表示になる
    Widget Logic 使用イメージ

条件分岐タグ一例

トップページ(ホーム画面)is_home()
投稿is_single()
固定ページis_page()
アーカイブis_archive()
カテゴリーis_category()
タグis_tag()
検索結果is_search()
404エラーページis_404()
モバイルis_mobile()

非表示にしたい場合

非表示にしたい場合は、条件分岐タグの先頭に『!』を付けます。

!is_home()トップページ以外に表示する
!is_mobile()モバイル以外(PCのみ)に表示する

指定した投稿・カテゴリーなどを表示したい場合

投稿IDやスラッグ、カテゴリー名を記述することで、特定のページにのみ表示することができます。

投稿(ID指定)is_single(‘111’)
投稿(スラッグ)is_single(‘sample’)
複数の投稿is_single( array( 111, 222, 333, 444 ) )
指定したカテゴリーの投稿in_category(‘sample-category’)
指定した複数のカテゴリーの投稿in_category( array( ‘sample-category’, ‘blue-cheese’, ‘Stinky Cheeses’ ) )

複数の条件分岐を組み合わせる

複数の条件分岐を指定する場合は、『||』・『&&』で条件を繋ぎます。

||または
&&かつ

例:

トップページまたは投稿に表示するis_home() || is_single()
トップページかつモバイルを非表示にする
(PCのトップページのみ表示する)
&& is_home() && !is_mobile()
スポンサーリンク

設定

プラグインを有効化すると、管理画面 > 外観> ウィジェット の下部に設定項目が表示されるようになります。

Widget Logic 設定

通常は変更する必要はありませんが、動作しない場合は『‘wp_reset_query’ 修正を使用』にチェックを入れて『読み込みロジック』を変更。

変更したらWidget Logic の設定を保存してください。

また、ウィジェットに設定したデータをインポート・エクスポートすることができます。

動作確認環境

  • バージョン 5.10.4
  • WordPress 5.3
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Widget Logic】は、ウィジェットを条件分岐で表示と非表示を切り替えることができるプラグイン。
  • 特定の記事、ページでウィジェットを非表示にしたりすることができます。
ウィジェットを条件分岐で表示・非表示を切り替える【Widget Logic】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク