ウィジェットの設定を移行する【Widget Importer & Exporter】使い方

WordPressの引っ越しや、新しくサイトを作るときなど、ウィジェットの設定がちょっと面倒に感じるときがあります。

この面倒な手作業をすることなく、ウィジェットの設定をそのまま移行することができたら、とても便利で時間短縮になりますよね。

Widget Importer & Exporter】は、ウィジェットの設定をインポート&エクスポートすることができるプラグイン。
ウィジェットの設定データを他のサイトに移行することができます。

こんな場合におススメ

  • 既存サイトのウィジェットを他のサイトにも同じように設定したい
  • ウィジェットの設定を保存したい

プラグインを使ってできること

  • ウィジェットの設定をインポート&エクスポートすることができる
スポンサーリンク

インストール

Widget Importer & Exporter インストール

  1. 管理画面から プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Widget Importer & Exporter“で検索する
  3. “今すぐインストール”をクリック。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。
Widget Importer & Exporter – WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする[…]

WordPressのプラグインをインストールする方法

使用方法

プラグインを有効化すると、管理画面 > ツール に【Widget Importer & Exporter】項目が追加されるので、そこからインポートとエクスポートを行います。

Widget Importer & Exporter 使用方法

エクスポート

ウィジェットのエクスポート』をクリックすると、現在のウィジェットの設定ファイル『.wieファイル』が生成されるので、任意の場所に保存してください。

インポート

参照』をクリックし、インポートする『.wieファイル』を選択し、『ウィジェットをインポート』をクリックします。
クリックすると、ウィジェットの設定がインポートされ、結果が表示されます。

インポート結果

インポートを実行すると、結果が表示されます。
Widget Importer & Exporter インポート結果

インポート済み(Imported)正常にインポートされた状態
ウィジェットがすでにあります(Widget already exists)すでにウィジェットが存在しているので、インポートはされていません
サイトがウィジェットをサポートしていません(Widget area does not exist in theme (using Inactive) )テーマに存在しないウィジェットエリア、またはウィジェットが存在していないので、インポートはされていません

動作確認環境

  • バージョン 1.5.5
  • WordPress 5.2.3
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • Widget Importer & Exporter】は、ウィジェットの設定をインポート&エクスポートすることのできるプラグイン。
  • 複数サイトの運営や引っ越しの際などに役立ちます。
ウィジェットの設定を移行することのできる【Widget Importer & Exporter】使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク