使用していないウィジェットを非表示にする【Widget Disable】の使い方

サイドバーなどに表示するウィジェットは便利なものもありますが、いくつかはまったく使用する予定がないというものもあるかと思います。

使わないのであれば、表示しないようにしてしまえば、見た目がスッキリするので、表示が分かりやすくなりますね。

Widget Disable】は、ウィジェットやダッシュボードのボックスを非表示にすることができるプラグイン。

非表示にしたいウィジェット・ダッシュボードボックスを選択することができます。

こんな場合におススメ

  • 使わないウィジェット・ダッシュボードのボックスを非表示にしたい
プラグインを使ってできること

  • ウィジェット・ダッシュボードのボックスを選択して非表示にすることができる
スポンサーリンク

インストール

Widget Disable インストール
Widget Disable インストール
  1. 管理画面 > プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Widget Disableで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

Widget Disable

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする[…]

WordPressのプラグインをインストールする方法

【Widget Disable】の使用方法

プラグインを有効化すると、管理画面 > 外観 内に『Disable Widgets』が表示されますので、そこから設定を行います。

Widget Disable 使用方法

ウィジェットを非表示にする場合

  • STEP1
    Sidebar Widgetsタブを開く
    Sidebar Widgets』タブをクリックし、非表示にしたいウィジェットを選択します。

    Widget Disable 使用方法

  • STEP2
    保存
    非表示にしたいウィジェットを選択したら変更を保存します。
  • STEP3
    使用イメージ
    保存後、選択したウィジェットが非表示になります。

    プラグイン有効化前
    Widget Disable 使用イメージ
    有効化後
    Widget Disable 使用イメージ

ダッシュボードのボックスを非表示にする場合

  • STEP1
    Dashboard Widgetsタブを開く
    Dashboard Widgets』タブをクリックし、非表示にしたいダッシュボードウィジェットを選択します。

    Widget Disable 使用方法

  • STEP2
    保存
    非表示にしたいダッシュボードウィジェットを選択したら変更を保存します。
  • STEP3
    使用イメージ
    保存後、選択したダッシュボードウィジェットが非表示になります。

    プラグイン有効化前
    Widget Disable 使用イメージ
    有効化後
    Widget Disable 使用イメージ
スポンサーリンク

動作確認環境

  • バージョン 1.9.1
  • WordPress 5.3.2
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Widget Disable】は、使用していないウィジェットやダッシュボードのボックスを非表示にすることができるプラグイン。
  • 使用することのないウィジェットを非表示にすることで、見た目がスッキリします。
使用していないウィジェットを非表示にする【Widget Disable】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク