WordPressのアップロードサイズの上限を変更する方法

WordPressのアップロードサイズの上限を変更する方法

WordPressは、ダッシュボードから画像や動画、プラグインなどのファイルを簡単にアップロードすることができますが、アップロードできるファイルサイズには上限があります。(例:2MB)
最大アップロードサイズ2MBの場合
アップロードサイズの上限はサーバによってデフォルトの設定が違っており、これはWordPressの設定ではなく、PHPの設定になります。

メディアにアップロードしたり、テーマ・プラグインをアップロードした際、サイズオーバーでアップロードできなかった。
そんなときは、アップロードサイズの上限を変更してみましょう。

ここではPHP設定ファイル【php.ini】を作成・編集して、上限サイズを変更する方法を紹介します。

php.iniを作成・編集する

テキストエディタで、php.iniというファイルを作成し、以下を記述します。

php.ini:記述例
memory_limit = 50M : 1回のリクエストに使用できるメモリ使用量の上限
post_max_size = 40M : POSTデータの最大サイズ
upload_max_filesize = 30M : 1ファイルあたりの最大アップロードサイズ

memory_limitを一番大きく、upload_max_filesizeを一番小さくなるように設定します。
この例では、30Mまでアップロードできるようにしました。

編集・保存後、FTPでサーバーにアップロードします。

30MBに上限変更した場合

無事に変更されました。簡単ですね。

コントロールパネルからphp.iniを設定できるサーバーをお使いの方は、そちらから変更してください。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA