投稿画面からメモを残すことができる【Simple Post Notes】の使い方

投稿毎にちょっとしたことをメモに残しておきたいと思ったことはないでしょうか。
例えば、記事のキーワードや次の修正内容などをメモしておき、一覧で見ることができたら便利になりますね。

Simple Post Notes】は、投稿画面にメモ欄を追加することのできるプラグイン。
保存したメモは投稿一覧からも確認することができます。

こんな場合におススメ

  • 投稿毎に備忘録としてメモを残したい

プラグインを使ってできること

  • 投稿・固定ページ・カスタム投稿の投稿画面にメモ欄を追加する
  • 保存したメモは一覧から確認することができる
スポンサーリンク

インストール

Simple Post Notes インストール

  1. 管理画面から プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Simple Post Notes“で検索する
  3. “今すぐインストール”をクリック。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。
Simple Post Notes – WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする[…]

WordPressのプラグインをインストールする方法

使用方法

プラグインを有効化すると、投稿画面に【Notes】項目が表示されるので、テキストエリアにメモを記述します。

クラシックエディターの場合
Simple Post Notes クラシックエディターの場合
ブロックエディターの場合
Simple Post Notes ブロックエディターの場合

【Notes】が表示されていない場合

クラシックエディターの場合

『表示オプション』内の【Notes】にチェックを入れていください。
Simple Post Notes 一覧に表示されていない場合

ブロックエディターの場合

』ボタンをクリックし、オプションを選択。オプションが開いたら詳細パネル内の【Notes】にチェックを入れてください。

Simple Post Notes ブロックエディターの場合
Simple Post Notes ブロックエディターの場合

一覧で確認する

プラグインを有効化すると、投稿・固定ページ一覧に『Notes』列が追加され、保存したメモを確認することができます。

Simple Post Notes 投稿一覧

一覧に【Notes】列が表示されない場合

プラグインを有効化すれば、自動的に投稿・固定ページ一覧に『Notes』列が表示されるはずですが、もし表示されなかった場合は、表示オプション内の『Notes』にチェックを入れてください。
Simple Post Notes クラシックエディターの場合

設定

プラグインを有効化すると、管理画面 > 設定 内に【Post Notes】項目が追加されるので、そこから設定を行います。
Simple Post Notes 設定

Post types【Simple Post Notes】を有効にする投稿タイプを選択
Notes label入力欄に表示するラベルを記述
Notes placeholder入力欄のプレースホルダーを記述

動作確認環境

  • バージョン 1.7.3
  • WordPress 5.2.3
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • Simple Post Notes】は、投稿・固定ページ・カスタム投稿の投稿画面にメモ欄を追加するプラグイン
  • ちょっとしたことをメモに残しておくことができるようになると、地味に便利です。
投稿画面からメモを残すことができる【Simple Post Notes】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク