サイト内検索で特定の投稿を検索結果から除外する【Search Exclude】の使い方

サイト内検索で、検索結果に表示してほしくない投稿や固定ページがあるかと思います。
例えば、プライバシーポリシーやお問い合わせフォームなどは、検索結果からは除外したいことでしょう。

Search Exclude】は、検索結果から指定した投稿・固定ページを除外することのできるプラグイン。
投稿画面から表示したくない投稿を選択することができます。

こんな場合におススメ

  • 特定の投稿や固定ページを検索結果に表示したくない

プラグインを使ってできること

  • 指定した投稿・固定ページ・カスタム投稿を検索結果から除外できる
スポンサーリンク

使用イメージ

投稿一覧には『Search Exclude』の記事が表示されていますが、検索結果には表示されなくなります。

Search Exclude 使用イメージ

インストール

Search Exclude インストール

  1. 管理画面から プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Search Exclude“で検索する
  3. “今すぐインストール”をクリック。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。
Search Exclude – WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする […]

WordPressのプラグインをインストールする方法

使用方法

プラグインを有効化すると、投稿画面に【Search Exclude】項目が表示されます。
Exclude from Search Results』にチェックを入れると、その投稿は検索結果に表示されなくなります。

クラシックエディターの場合
Search Exclude 使用方法 クラシックエディターの場合
ブロックエディターの場合
Search Exclude 使用方法 ブロックエディターの場合

【Search Exclude】が表示されていない場合

クラシックエディターの場合

『表示オプション』内の【Search Exclude】にチェックを入れていください。
クラシックエディターの場合

ブロックエディターの場合

』ボタンをクリックし、オプションを選択。オプションが開いたら詳細パネル内の【Search Exclude】にチェックを入れてください。

ブロックエディターの場合
ブロックエディターの場合

非表示にした投稿の確認方法

投稿・固定ページ一覧から確認する場合

プラグインを有効化すると、投稿・固定ページ一覧に『Search Exclude』の列が追加されるので、そこから投稿が検索結果に表示されるかどうかを確認することができます。

Hidden:非表示
Visible:表示
Search Exclude 投稿一覧

設定から確認する場合

プラグインを有効化すると、管理画面 > 設定 に【Search Exclude】の項目が追加され、非表示にした投稿を確認することができます。
Search Exclude 設定

投稿のタイトル左にあるチェックボックスを未チェックした状態で、『変更を保存』をクリックすると、再び検索結果に表示されるようになります。

動作確認環境

  • バージョン 1.2.5
  • WordPress 5.2.3
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • Search Exclude】は、指定した投稿や固定ページを検索結果から除外することのできるプラグイン。
  • 検索結果に表示したくない投稿や固定ページがある場合に、便利なプラグインです。
サイト内検索で特定の投稿を検索結果から除外する【Search Exclude】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク