リビジョンの削除とデータベースの最適化をする【Optimize Database after Deleting Revisions】

WordPressには、投稿や固定ページの編集中に記事を自動で保存してくれる『リビジョン』という機能があります。

これは保存だけでなく、古いリビジョンから記事を以前の状態に復元もしてくれるので、何かあったときにはとても便利な機能。

ただ便利な反面、記事を下書き保存する度に、リビジョンは蓄積されていくので、データベースはどんどん大きくなってしまいます。

その結果、サーバー・データベースに負荷がかかり、サイトの表示速度が落ちるという、困ったことが起きるのです。

たまっていってしまった不要なデータは、データベースからきちんと削除しておきましょう。

【Optimize Database after Deleting Revisions】は、リビジョンの削除とデータベースの最適化を行うことのできるプラグイン。

簡単にリビジョンの削除とデータベースの最適化を実行することができます。

こんな場合にオススメ
  • リビジョンを一括で削除したい
  • データベースを最適化したい
プラグインを使ってできること
  • リビジョンを一括で削除することができる(残すリビジョン数を指定できる)
  • データベースの最適化を行う
目次

インストール

Optimize Database after Deleting Revisions インストール
Optimize Database after Deleting Revisions インストール
インストール方法
  1. ダッシュボード > プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Optimize Database after Deleting Revisionsで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

手動でインストールする方法はコチラ

リビジョンの削除・データベースを最適化する方法

このプラグインはデータベースをいじるので、使用前にデータベースをバックアップしておいてください。

【Optimize Database after Deleting Revisions】の設定

STEP
Optimize Databaseを開く

プラグインを有効化すると、管理画面 > 設定 内に【データベース最適化】が表示されるので、そこからデータベースの最適化を行います。

Optimize Database after Deleting Revisions 設定
STEP
項目の設定
Optimize Database after Deleting Revisions 設定
Delete revisions for the following (custom) post type(s)リビジョンを削除する投稿タイプを選択
Delete revisions older than □ day(s)指定した日数のリビジョンを削除する 何日前までのリビジョンを保存するかの設定
Maximum number of – most recent – revisions to keep per post / pageリビジョンの保存数(0で全削除)
ゴミ箱を空にするゴミ箱内のデータを削除するかの選択
スパムの項目を削除スパムデータを削除するかの選択
使用されていないタグの削除未使用のタグを削除するかの選択
Delete transientsキャッシュを削除するかの選択
DO NOT DELETE TRANSIENTS:キャッシュを削除しない
DELETE EXPIRED TRANSIENTS:期限切れのキャッシュを削除
DELETE ALL TRANSIENTS:キャッシュをすべて削除
ピンバックとトラックバックを削除ピンバックとトラックバックを削除するかの選択
Clear oEmbed cacheoEmbedキャッシュを削除するかの選択
Clear orphans孤立したデータを削除するかの選択
Optimize InnoDB tables tooInnoDBテーブルも最適化するかの選択
ログを保存ログを保存するかの選択
定期的に実行自動で最適化を行うかの選択
予定なし:手動
1時間毎に最適化を実行
1日2回最適化を実行
1日毎に最適化を実行
1週間毎に最適化を実行
run optimization MONTHLY:1か月毎に最適化を実行
管理バーに「1クリック」リンクを表示*管理バーにワンクリックで最適化を行うリンクを表示するかの選択
管理メニューにアイコンを表示*管理メニューにアイコンを表示するかの選択
STEP
最適化を除外したいテーブルを選択

最適化から除外したいテーブルがある場合は、テーブルを選択します。
選択したテーブルは最適化されません。

Optimize Database after Deleting Revisions 設定
STEP
保存
Optimize Database after Deleting Revisions 設定
項目を設定したら設定を保存をクリックし、設定を保存。
保存後、HEREをクリック。または最適化ページに戻るをクリックし、最適化実行ページに移動します。

最適化の実行

STEP
データの分析
最適化ページに戻るをクリックすると、最適化の実行画面に移ります。
Optimize Database after Deleting Revisions最適化

最適化の前にどのデータが削除されるのか、分析しておきます。

データの詳細を表示したい場合はAnalyze(detail) 簡易版であればAnalyze(summary)をクリックします。
STEP
分析結果
Analyzeをクリックするとデータ分析され、削除されるデータが表示されます。

削除しても問題なければ、最適化を実行します。

データの詳細を表示したい場合はOptimize(detail) 簡易版であればOptimize(summary)をクリックします。
STEP
最適化実行結果

最適化が実行され、リビジョンの削除・データベースが最適化されました。

Optimize Database after Deleting Revisions 最適化の実行結果
STEP
ログの確認
ログを保存した場合View Logをクリックすると、ログを見ることができます。
Optimize Database after Deleting Revisions ログ

動作確認環境

  • バージョン 5.0.4
  • WordPress 5.7.2

このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Optimize Database after Deleting Revisions】は、リビジョンの削とデータベースを最適化することのできるプラグイン。
  • 不要なデータを簡単にデータベースから削除することができるようになります。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる