【Optimize Database after Deleting Revisions】の使い方。リビジョンの削除とデータベースの最適化をする

WordPressには、投稿や固定ページの編集中に記事を自動で保存してくれる『リビジョン』という機能があります。
これは保存だけでなく、古いリビジョンから記事を以前の状態に復元もしてくれるので、何かあったときにはとても便利な機能。

ただ便利な反面、記事を下書き保存する度に、リビジョンは蓄積されていくので、データベースはどんどん大きくなってしまいます。
その結果、サーバー・データベースに負荷がかかり、サイトの表示速度が落ちるという、困ったことが起きるのです。

なので、リビジョンは定期的に削除するのがおすすめ。
リビジョンの削除とデータベースを最適化するプラグイン【Optimize Database after Deleting Revisions】の使い方を紹介します。

こんな場合におススメ

  • リビジョンを一括で削除したい
  • データベースを最適化したい

プラグインを使ってできること

  • リビジョンを一括で削除することができる(残すリビジョン数を指定できる)
  • データベースの最適化を行う
スポンサーリンク

インストール

Optimize Database after Deleting Revisions

  1. 管理画面から プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. “Optimize Database after Deleting Revisions”で検索する
  3. “今すぐインストール”を選択。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。
Optimize Database after Deleting Revisions – WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする […]

WordPressのプラグインをインストールする方法

設定

このプラグインはデータベースをいじるので、使用前にデータベースをバックアップしておいてください。

Optimize Database after Deleting Revisionsを有効化すると、管理画面 > 設定のなかに『Optimize Database』の項目が追加されます。
設定項目は、大きく分けて3つに分類されます。

  • リビジョンの設定
  • その他のデータ削除の設定
  • データベース最適化の設定

リビジョンの設定

リビジョンの削除、残すリビジョン数、リビジョンの保存日数を設定します。

Optimize Database after Deleting Revisions リビジョンの設定

post 投稿のリビジョンを削除
page 固定ページのリビジョンを削除
user_request カスタム投稿のリビジョンを削除
wp_block
Delete revisions older than □ day(s) 入力した日数のリビジョンを削除。何日前までのリビジョンを保存するかの設定
Maximum number of – most recent – revisions □ to keep per post / page (‘0’ means: delete ALL revisions) リビジョン保存数。0で全削除。

その他のデータ削除の設定

リビジョン以外のデータ削除の設定をします。
Optimize Database after Deleting Revisions その他のデータ削除の設定

Delete trashed items ゴミ箱内のデータを削除
Delete spammed items スパムデータを削除
Delete unused tags 未使用タグを削除
DO NOT DELETE TRANSIENTS キャッシュを削除しない
DELETE EXPIRED TRANSIENTS 期限切れのキャッシュを削除
DELETE ALL TRANSIENTS キャッシュをすべて削除
Delete pingbacks and trackbacks ピンバックとトラックバックを削除
Clear oEmbed cache 『oEmbed』キャッシュを削除
Clear orphans

データベース最適化の設定

Optimize Database after Deleting Revisions データベース最適化の設定

Optimize InnoDB tables too InnoDBテーブルの最適化
Keep a log 最適化した際のログを保存
Scheduler 自動で最適化を行うかの選択
 NOT SCHEDULED:手動
 run optimization HOURLY:1時間毎
 run optimization TWICE A DAY:1日に2回
 run optimization DAYLY:毎日
 run optimization WEEKLY:毎週
 run optimization MONTHLY:毎月

※ DAILY・WEEKLY・MONTHLYの場合は実行する時間を選択することができる

Show ‘1-click’ link in Admin Bar* 1クリックで最適化を行うリンクを上部の管理メニューに表示
Show an icon in the Admin Menu* 管理画面左部のメニューにアイコンを表示

InnoDBに関しては割愛。
MySQLのストレートエンジンがうんぬんかんぬん……。データベースに詳しい方以外は、触らないほうがいいかと思います。
私はもちろんさっぱりなので、触りません。

最適化を除外するテーブルの設定

Optimize Database after Deleting Revisions 最適化を除外するテーブルの設定
チェック項目を最適化から除外する設定となっていますが、調べても正直よくわかりませんでした。
ここだけは最適化してほしくない、という思いがあれば別でしょうけど……。
ですので、何もチェックを入れないほうがいいかと思います。

項目を設定したら、『Save Settings』→『Go To Optimizer』の順にクリックして、設定を保存します。

データベースの最適化&リビジョンの削除を実行する

『Analyze Database』→『Start Optimization』の順にクリックし、最適化&リビジョンの削除を実行します。
Optimize Database after Deleting Revisions Optimize Database after Deleting Revisions Optimize Database after Deleting Revisions 最適化の実行&リビジョンの削除

ログを表示する

ログの保存を選択した場合は、『View Log』からログを見ることができます。
今回、私が実行してみたログがこちらです。
Optimize Database after Deleting Revisions ログ
リビジョンが699個削除され、データベースも32KB削除されました。

動作確認環境

  • バージョン 4.7.4
  • WordPress 5.2.1
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Optimize Database after Deleting Revisions】は、リビジョンの削除だけでなく、データベースの最適化も行ってくれるプラグイン。
  • データベースが大きくなってくると、サイトの表示速度が落ちることがありますので、リビジョンは定期的に削除するのがおススメです。
【Optimize Database after Deleting Revisions】の使い方。リビジョンの削除とデータベースの最適化をする
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク