管理画面から『robots.txt』を編集することができる【Robots.txt Editor】の使い方

サイトへのクローラーのアクセスを制御する仕組みとして『robots.txt』というものがあります。

これは、検索エンジンのクローラーのサイトへのアクセスを制御するためのファイルのこと。

アクセスを制御することで、クローラーが余計なページをクロールするのを防ぎ、重要なページを中心にクロールさせることを目的としています

この『robots.txt』、WordPressでは自動的に生成されるのですが、SEO対策のため自分で記述したいという方もいるかと思います。

FTPソフトを使って、テキストファイルをアップロードするだけなので、自分で設定することはそれほど難しい話ではないのですが、プラグインを使うと面倒な手間なく記述することができるので便利。

Robots.txt Editor】は、『robots.txt』を管理画面から編集することのできるプラグイン。

『robots.txt』を管理画面から編集することができるので、FTPソフトを使用するなどといった手間がなくなります。

こんな場合におススメ

  • robots.txtを自由に編集したい

プラグインを使ってできること

  • 管理画面からrobots.txtを編集することができる
スポンサーリンク

インストール

Robots.txt Editor インストール

  1. 管理画面から プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Robots.txt Editor“で検索する
  3. “今すぐインストール”をクリック。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

Robots.txt Editor – WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする […]

WordPressのプラグインをインストールする方法

使用方法

プラグインを有効化すると、管理画面 > 設定 > 表示設定 内に、【Robots.txt】項目が追加されるので、内容を編集し保存します。

Robots.txt 使用方法

スポンサーリンク

動作確認環境

  • バージョン 1.1.2
  • WordPress 5.2.4
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • Robots.txt Editor】は、管理画面から『robots.txt』を編集することのできるプラグイン。
  • 『robots.txt』を管理画面から編集することができるので、FTPソフトを使用するなどといった手間がなくなります。
管理画面から『robots.txt』を編集することができる【Robots.txt Editor】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク