投稿日を投稿一覧から一括で変更する【Post Date Time Change】の使い方

投稿日時や更新日時をもっと簡単に変更したいって思うときはありませんか?
標準のクイック編集でも投稿一覧から日時を変更することはできますが、一括で変更できるようになればもっと便利になりますね。

Post Date Time Change】は、投稿記事・固定ページ・メディアライブラリの各記事の投稿日時を一覧から一括で変更するプラグイン。
入力補助機能としてデートピッカーが実装されており、日付をテキスト入力しなくても、ポップアップ表示されたカレンダーから直感的に日付入力することができます。

こんな場合におススメ

  • 投稿日時や更新日時を一括で変更したい

プラグインを使ってできること

  • 投稿記事・固定ページ・メディアライブラリの各投稿の投稿日時を一覧から一括で変更できる
  • 変更する際、カレンダーから直感的に日付入力することができる
スポンサーリンク

インストール方法

Post Date Time Change インストール

  1. ダッシュボードから プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Post Date Time Change“で検索する
  3. “今すぐインストール”をクリック。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。
Post Date Time Change – WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする […]

WordPressのプラグインをインストールする方法

設定

Post Date Time Change 設定

表示

DateTimePicker デートピッカーを使用するかの選択
投稿日時・最終更新日時 表示する日付の種類を『投稿日時』か『最終更新日時』のどちらかを選択

変更

投稿日時と最終更新日時のどちらか、または両方変更のいずれかを選択する

使用方法

プラグインを有効化すると、投稿一覧に『日付と時刻』の列が追加されます。
日時が表示されている箇所をクリックするとデートピッカーが開きますので、変更したい日時をクリックします。

Post Date Time Change 使用方法

日時を選択したら、変更したい投稿にチェックを入れます。
チェックを入れたら、『日付と時刻を変更します』を選択して『適用』をクリックすると、日時が一括で変更されます。

Post Date Time Change 使用方法

動作確認環境

  • バージョン 5.0.5
  • WordPress 5.2.2
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Post Date Time Change】は、投稿日時・更新日時を投稿一覧から一括で変更することができるプラグイン。
  • カレンダーから直感的に日時を入力することができます。
投稿日を投稿一覧から一括で変更する【Post Date Time Change】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク