データベース内の不要なテーブルを削除することのできる【Plugins Garbage Collector】

色々とプラグインの追加と削除を繰り返していると、いつの間にか不必要なテーブルがどんどん溜まっていってしまいがち。

データベースはできるだけ軽い状態にしておきたいものです。

phpMyAdmin等から不要なテーブルを削除してもいいのですが、もし失敗してしまったら……ということを考えると、ちょっぴり不安になってしまいます。

もっと簡単に削除できるようになるといいですね。

Plugins Garbage Collector】は、データベース内の不要なテーブルを削除することができるプラグイン。

不要なテーブルを管理画面から削除することができるようになります。

こんな場合におススメ
  • データベース内の不要なテーブルを削除したい
プラグインを使ってできること
  • データベース内の不要なテーブルを一覧表示する
  • 不要なテーブルを管理画面から削除することができる
目次

インストール

Plugins Garbage Collector インストール
Plugins Garbage Collector インストール
インストール方法
  1. ダッシュボード > プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Plugins Garbage Collectorで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

手動でインストールする方法はコチラ

不要テーブルの削除方法

STEP
Plugins Garbage Collectorを開く

プラグインを有効化すると、管理画面 > ツール 内に『Plugins Garbage Collector』が表示されるようになるので、そこからデータベーステーブルの削除を行います。

Plugins Garbage Collector 使用方法
STEP
データベースのスキャン

WP テーブル – なし を検索』を選択。 隠しテーブルも削除したい場合は『隠しテーブルを表示する』にチェックを入れデータベースのスキャンをクリック。

Plugins Garbage Collector 使用方法

クリックするとアラートが表示されますがOKをクリックし、データベースのスキャンを開始します。

Plugins Garbage Collector 使用方法

スキャンは少し時間がかかるので、完了するのを待ちましょう。

Plugins Garbage Collector 使用方法
STEP
テーブルを削除

スキャンが終了すると、結果が表示されます。 プラグインが有効になっているものは青字で表示され、無効化されており不要なテーブルと思われるものは赤字で表示されます。 また、プラグイン名はプラグインを削除していると表示されません。

Plugins Garbage Collector 使用方法

削除したいテーブル名を選択しテーブルを削除をクリックします。

Plugins Garbage Collector 使用方法

最終確認のメッセージが表示されます。 テーブルを削除しても大丈夫な場合はOKをクリックします。
削除すると取り消すことはできませんので、ご注意ください。

STEP
削除結果

テーブルが正常に削除されると、削除されたテーブル名が表示されます。

Plugins Garbage Collector 使用方法

動作確認環境

  • バージョン 0.10.4
  • WordPress 5.4.1

このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Plugins Garbage Collector】は、データベース内の不要なテーブルを削除することができるプラグイン。
  • 不要なテーブルを管理画面から削除することができるようになります。
目次
閉じる