カテゴリページのURLから『category』を削除する【No Category Base (WPML)】の使い方

WordPressのカテゴリーページのパーマリンクは、デフォルトで以下の設定となっています。

http(s)://ドメイン名/category/カテゴリ名

この『category』という表記があるばかりに、パーマリンクの階層が一段階深くなってしまうというもの。

『category』を取り除いた方が、URLは短くなって分かりやすくなるし、見た目もスマートになりますね。

No Category Base (WPML)】は、カテゴリーページのパーマリンク(URL)から『category』を削除するプラグイン。

プラグインを有効化した状態で、http(s)://ドメイン名/category/カテゴリ名にアクセスすると、『category』を取り除いたURLにリダイレクトされます。

こんな場合におススメ

  • パーマリンク(URL)から『category』を削除したい
  • URLはできるだけ短い方がいい
プラグインを使ってできること

  • パーマリンク(URL)から『category』を取り除く
  • http(s)://ドメイン名/category/カテゴリ名にアクセスした場合、『category』を取り除いたURLにリダイレクトする
スポンサーリンク

インストール

No Category Base (WPML) インストール
No Category Base (WPML) インストール
  1. 管理画面 > プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. No Category Base (WPML)で検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

No Category Base (WPML)

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする[…]

WordPressのプラグインをインストールする方法

パーマリンクから『category』を取り除く方法

プラグインを有効化すると、自動的にパーマリンクから『category』が取り除かれます。

No Category Base (WPML) 使用イメージ

スポンサーリンク

動作確認環境

  • バージョン 1.3
  • WordPress 5.3.2
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【No Category Base (WPML)】は、カテゴリーページのパーマリンクから『category』を削除するプラグイン。
  • 『category』を取り除くことで、URLが短く表示されるようになります。

他にURLから『category』を削除するプラグイン

カテゴリページのURLから『category』を削除する【No Category Base (WPML)】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク