PHPをスニペットとして登録し、ショートコードとして挿入する【Insert PHP Code Snippet】の使い方

投稿内でPHPコードを動かしたいというときはないでしょうか。

投稿や固定ページでPHPを実行するには、functions.phpにコードを記述しショートコードを作成する必要があります。

ですが、PHPコードがいくつもあるとfunctions.phpがゴチャゴチャしてしまい、管理も大変になってしまいます。

コードを管理することができれば、使いやすくなりますね。

Insert PHP Code Snippet】は、PHPコードをショートコードとして挿入することのできるプラグイン。

PHPコードをスニペットとして複数登録することができるので、コードの管理もしやすくなります。

こんな場合におススメ

  • 投稿や固定ページでPHPコードを実行させたい
  • PHPコードを複数の記事・コンテンツで使いまわしたい
プラグインを使ってできること

  • 投稿・固定ページでPHPコードをショートコードとして挿入することができる
  • スニペットとして登録することで、コードの管理がしやすくなる
スポンサーリンク

インストール

Insert PHP Code Snippet インストール
Insert PHP Code Snippet インストール
  1. 管理画面 > プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Insert PHP Code Snippetで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

Insert PHP Code Snippet

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする[…]

WordPressのプラグインをインストールする方法

【Insert PHP Code Snippet】の使用方法

スニペットを作成する

  • STEP1
    PHPCode Snippetsを開く
    プラグインを有効化すると、管理画面 内に【XYZ PHP Code】項目が表示されるようになるので、XYZ PHP Code 内の【PHPCode Snippets】を開きます。

    Insert PHP Code Snippet 使用方法

  • STEP2
    スニペットを作成
    Add PHP Code Snippetをクリックし、スニペットを作成します。

    Insert PHP Code Snippet 使用方法

  • STEP3
    コードを記述
    Tracking Name』にスニペット名、『PHP code』にPHPのコードを記述します。

    Insert PHP Code Snippet 使用方法

    Tracking Nameスニペット名を指定(日本語・アンダーバーは使用不可)
    PHP codePHPコードを記述
  • STEP4
    保存
    コードを記述したらCreateをクリックし、スニペットを保存します。

ショートコードを挿入する

  • STEP1
    ショートコードをコピー
    スニペットを保存後、『Snippet Short Code』に表示されたショートコードをコピーします。

    Insert PHP Code Snippet 使用方法

    ショートコード

    [xyz-ips snippet="スニペット名"]
  • STEP2
    ショートコードを挿入する
    コピーしたショートコードを投稿・固定ページ内に挿入します。

    Insert PHP Code Snippet 使用方法

  • STEP3
    PHPコードの実行
    保存すると、作成したスニペットが実行されます。

    Insert PHP Code Snippet 使用方法

スポンサーリンク

スニペットの一覧画面

Insert PHP Code Snippet 一覧

Tracking Nameスニペット名
Snippet Short Code作成したスニペットのショートコード
Statusスニペットのステータス
Actionスニペットに対するアクション
:ステータスを非アクティブ・アクティブに切り替え
:編集
:削除

【Insert PHP Code Snippet】の設定

  • STEP1
    Settingsを開く
    管理画面 > XYZ PHP Code 内の『Setting』を開き、設定を行います。
    Insert PHP Code Snippet 設定
  • STEP2
    項目の設定
    Insert PHP Code Snippet 一覧

    Sorting of snippetsスニペットの並び順を選択
    Based on create time:作成日時順
    Based on name:名前順Descending:降順
    Ascending:昇順
    Credit link to authorプラグイン作者のリンクを挿入するかの選択
    Pagination limit1ページに表示するスニペット数の指定
    Autoinsert PHP opening tagsPHP開始タグを自動挿入するかの選択
    Premium Version Ads有料版の広告を表示するかの選択
  • STEP3
    保存
    項目を設定したらUpdate Settingsをクリックし、設定を保存します。

動作確認環境

  • バージョン 1.3.1
  • WordPress 5.3.1
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • Insert PHP Code Snippet】は、PHPコードをショートコードとして挿入することのできるプラグイン。
  • PHPコードをスニペットとして複数登録することができるので、コードの管理もしやすくなります。
PHPをスニペットとして登録し、ショートコードとして挿入する【Insert PHP Code Snippet】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク