画像のExif情報を表示する【Exifography】

写真ブログやサイトを運営しているひとであれば、『いつ、どのカメラで、どのような設定で撮影されたか』といった撮影条件を表示したいと思ったことがあるでしょう。

画像内には、撮影に関する様々な情報がExif情報として記録されていますが、このExif情報を表示することができれば、撮影条件がひと目で分かるようになりますね。

【Exifography】は、画像のExif情報を表示することのできるプラグイン。

カメラ機種名・シャッタースピード・絞り値といったExif情報を表示することができるようになります。

こんな場合におススメ
  • 写真・画像のExif情報を表示したい
プラグインを使ってできること
  • 写真・画像のExif情報を表示することができる
目次

インストール

Exifography インストール
Exifography インストール
インストール方法
  1. ダッシュボード > プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Exifographyで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

手動でインストールする方法はコチラ

Exif情報の表示方法

STEP
メディアライブラリ

プラグインを有効化すると、メディアライブラリで画像選択時に『Exifography shortcode』が表示されるようになります。

Exifography 使用方法
STEP
ショートコードを挿入

表示されたショートコードを投稿内に挿入します。

ショートコード
[exif id="○○○"]
STEP
表示項目の選択

表示したいExif情報の項目を投稿画面の『Add EXIF to post』ボックスから選択します。 設定でデフォルトの表示項目を設定しておくことができます。(後述の【Exifography】の設定参照)

Exifography 使用方法
STEP
使用イメージ

投稿を保存すると、Exif情報が表示されるようになります。

Exifography 使用イメージ

【Exifography】の設定

STEP
Exifographyを開く

プラグインを有効化すると、管理画面 > 設定 内に【Exifography】項目が表示されるようになるので、そこから設定を行います。

Exifography 設定
STEP
項目の設定
Exifography 設定
Default EXIFデフォルト状態での表示項目の設定を行う。表示の順序はドラッグ&ドロップで変更できる。
STEP
項目の設定
Exifography 設定
Exifography 設定
ore EXIF blockExifブロックの前に挿入するタグ
Before EXIF itemExif情報の項目の前に挿入するタグ
After EXIF itemExif情報の項目の後に挿入するタグ
After EXIF blockExifブロックの後に挿入するタグ
Separator for EXIF labelラベルの仕切り文字
Timestamp format撮影日時のフォーマット
Turn off item labelラベルを非表示にするかの選択
Link GEO EXIF to Google Maps位置情報にGoogleマップへのリンクを設定するかの選択
Display map thumbnail instead of location coords位置上場の座標の代わりにGoogleマップのサムネイルを表示するかの選択 (GoogleMaps API keyの取得が必要)
Map zoom (0 is the widest, 21 is close)マップズームの設定
Map widthマップの幅
Map heightマップの高さ
Google Maps API keyGoogle Maps APIキー
STEP
保存
項目を設定したら変更を保存します。

動作確認環境

  • バージョン 1.3.1
  • WordPress 5.4.1

このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Exifography】は、画像のExif情報を表示することができるプラグイン。
  • カメラ機種名・シャッタースピード・絞り値といったExif情報を表示することができるようになります。
目次
閉じる