リビジョン機能を無効にする【Disable Post Revision】の使い方

リビジョンは投稿を自動保存してくれる何かあったときに便利な機能ではありますが、データベースが肥大化するなどの理由で、正直必要ないって感じている方もいらっしゃるはず。
必要ないのであれば、いっそのことリビジョン機能を停止させてしまいましょう。

Disable Post Revision】は、リビジョン機能を無効にするプラグイン。
無効化したい投稿タイプを選択できるので、『投稿はリビジョンがあってほしいけど、固定ページは必要ないので切っておく』というような使い方ができます。

こんな場合におススメ

  • リビジョン機能を無効化したい
  • 投稿タイプによってリビジョンの有効・無効を切り替えたい

プラグインを使ってできること

  • リビジョン機能を無効化する
  • 無効化したい投稿タイプを選択することができる
スポンサーリンク

インストール

Disable Post Revision インストール

  1. 管理画面から プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Disable Post Revision“で検索する
  3. “今すぐインストール”をクリック。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。
Disable Post Revision– WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする […]

WordPressのプラグインをインストールする方法

設定

プラグインを有効化すると、設定 > 投稿設定 に【Disable Post Revisions】という項目が追加されますので、リビジョンを無効にしたい投稿タイプを選択してください(複数選択する場合は、Ctrlキーを押しながら選択)。

保存後、選択した投稿タイプのリビジョンが無効になります。
また、よくわからない投稿タイプは選択しないようにしてください。
Disable Post Revision 設定

動作確認環境

  • バージョン 1.0.1
  • WordPress 5.2.2
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Disable Post Revision】は、リビジョン機能を無効にするプラグイン。
  • 投稿タイプによってリビジョンの有効と無効を切り替えることができます。
リビジョン機能を無効にする【Disable Post Revision】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク