絵文字機能を無効にする【Disable Emojis (GDPR friendly)】の使い方

絵文字機能を無効にする【Disable Emojis (GDPR friendly)】の使い方

WordPress4.2以降では、絵文字を表示するためのコードが出力されるようになっています。
どの端末やブラウザで閲覧しても絵文字が表示されるよう、絵文字を画像に変換するコードのようですが、使用していないひとにとっては無用の長物。

使わない機能ならば、サクッとなくしてしまいましょう。

Disable Emojis (GDPR friendly)】は、WordPressの絵文字機能を無効にするプラグイン。
機能を無効にすれば、ヘッダー内のコードもなくなってスッキリ。ページの表示速度も少し上がる気がします。

こんな場合におススメ

  • WordPressで絵文字は使わない
  • 使わない絵文字機能を削除したい

プラグインを使ってできること

  • WordPressの絵文字機能を削除する

インストール

Disable Emojis インストール

  1. 管理画面から プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Disable Emojis (GDPR friendly)“で検索する
  3. “今すぐインストール”をクリック。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。
Disable Emojis (GDPR friendly)– WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ
WordPressのプラグインをインストールする方法WordPressのプラグインをインストールする方法

使用方法と設定

どちらも特にありません。
プラグインを有効化すると、ヘッダー内に挿入されていた絵文字機能のコードが削除されます。

動作確認環境

  • バージョン 1.7.2
  • WordPress 5.2.2
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Disable Emojis (GDPR friendly)】は、絵文字機能を無効にするプラグイン。
  • WordPressで絵文字を使っていない場合は、機能を無効化しておくのも手です。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA