自動挿入される絵文字用コードを無効化する方法【プラグイン不使用】

自動挿入される絵文字用コードを無効化する方法【プラグイン不使用】

WordPress4.2以降では、絵文字を表示するためのコードがヘッダー内に自動挿入されるようになっています。

でもWordPressで絵文字って使わないひとも多いはず。
使っていないのであれば、さっさとなくしてしまいましょう。

絵文字機能を無効にするカスタマイズ方法をご紹介。
コードをfunctions.phpに記述することで、自動挿入される絵文字機能のコードを削除することができます。

こんな場合におススメ

  • 絵文字は使わないので、コードを削除したい
  • 絵文字機能は必要ないけれど、プラグインは使いたくない

functions.phpを編集する

注意
functions.phpに変更を加える場合は、バックアップを取ってから行うようにしてください。また、コードの書き換えは自己責任でお願いします。

  • 外観 > テーマエディター > functions.phpを編集する。
  • functions.phpを編集する

  • または、FTPソフトを使用して wp-content > themes > 使用しているテーマフォルダ 内のfuncstions.phpをバックアップ・編集する。

追記するコード

functions.php

//絵文字機能を無効にする
function disable_emoji() {
     remove_action( 'wp_head', 'print_emoji_detection_script', 7 );
     remove_action( 'admin_print_scripts', 'print_emoji_detection_script' );
     remove_action( 'wp_print_styles', 'print_emoji_styles' );
     remove_action( 'admin_print_styles', 'print_emoji_styles' );    
     remove_filter( 'the_content_feed', 'wp_staticize_emoji' );
     remove_filter( 'comment_text_rss', 'wp_staticize_emoji' );    
     remove_filter( 'wp_mail', 'wp_staticize_emoji_for_email' );
}
add_action( 'init', 'disable_emoji' );

動作確認環境

  • WordPress 5.2.2
このカスタマイズは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • ヘッダー内に自動挿入される絵文字機能のコードを無効にするカスタマイズ方法の紹介です。
  • functions.phpに変更を加えたくなかったり、もしくは自信がないという方は、プラグインを使うことをおススメします。
絵文字機能を無効にする【Disable Emojis (GDPR friendly)】の使い方絵文字機能を無効にする【Disable Emojis (GDPR friendly)】の使い方

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA