WordPress本体やプラグインなどの更新を無効にする【Disable All WordPress Updates】の使い方

WordPressは、本体やプラグイン・テーマのアップデートがあると更新の通知をしてくれます。

セキュリティや機能追加などのことを考えれば、更新の通知があったらきちんと更新するべき。
けれどクライアントに納品した場合などは、更新をしてほしくないということもあるかと思います。

そんなときは、いっそアップデート機能を無効にしてしまいましょう。

Disable All WordPress Updates】は、WordPressの更新を無効化するプラグイン。

テーマ・プラグイン・WordPress本体のアップデートを無効にし、更新通知も非表示にします。

こんな場合におススメ

  • WordPressの自動更新を無効化したい
  • 更新通知をすべて非表示にしたい
  • 本体・テーマ・プラグインをアップデートしてほしくない

プラグインを使ってできること

  • WordPress本体・テーマ・プラグインのアップデートを無効化する
スポンサーリンク

インストール方法

Disable All WordPress Updates インストール
Disable All WordPress Updates インストール
  1. ダッシュボード > プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Disable All WordPress Updatesで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

Disable All WordPress Updates

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする[…]

WordPressのプラグインをインストールする方法

【Disable All WordPress Updates】の使用方法

プラグインを有効化すると、自動的に更新機能はすべてオフになり、無効化すると再び更新が通知されるようになります。

有効化前
有効化前はアップデートの通知があります。

Disable All WordPress Updates 有効化前

有効化後
有効化後は、すべて最新版と表示されます。

Disable All WordPress Updates 有効化後

スポンサーリンク

動作確認環境

  • バージョン 1.6.6
  • WordPress 5.3
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Disable All WordPress Updates】は、WordPressの更新をすべて無効化するプラグイン。
  • クライアントに納品したときなどの、WordPress本体やプラグインを更新されたくない場合に便利です。
WordPress本体やプラグインなどの更新を無効にする【Disable All WordPress Updates】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク