サイトの閲覧履歴を表示する【DD Last Viewed】の使い方

通販サイトなどでよく見かける『閲覧履歴』。
商品の比較をしたいときなどに、すぐに先ほど見ていたページを見ることができるので、なかなか便利な機能ですね。

商品だけでなく投稿記事でも閲覧履歴が表示できれば、訪問者にとって便利で使いやすいサイトになるのではないでしょうか。

DD Last Viewed】は、サイトの閲覧履歴を表示するプラグイン。

訪問者の閲覧情報をクッキーを使用して表示することができます。

こんな場合におススメ

  • サイトの閲覧履歴を表示したい

プラグインを使ってできること

  • サイトの閲覧履歴をサイドバーなどのウィジェットエリアに表示する
  • 表示する閲覧履歴を投稿タイプ・カテゴリー・タグから選択して表示することができる
スポンサーリンク

インストール

DD Last Viewed インストール
DD Last Viewed インストール
  1. 管理画面から プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. DD Last Viewedで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

DD Last Viewed

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする[…]

WordPressのプラグインをインストールする方法

閲覧履歴の表示方法

ウィジェットエリアに表示する場合

  • STEP1
    ウィジェットを開く
    管理画面 > 外観 > ウィジェット を開きます。

    DD Last Viewed 使用方法

  • STEP2
    ウィジェットを追加する
    DD Last Viewed】を表示したいエリアに、ドラッグ&ドロップまたはウィジェットを追加します。

    DD Last Viewed 使用方法

  • STEP3
    項目の設定
    DD Last Viewed 使用方法
    DD Last Viewed 使用方法
    Titelウィジェットに表示するタイトル
    Number of items to show表示する投稿数
    Filter on Posttypes/Terms表示する投稿タイプ・カテゴリー・タグを指定
    Exclude IDs (Separate with commas)非表示にする投稿IDを指定(複数指定する場合は、カンマで区切る)
    タイトルタイトルを表示するかの選択
    リンクを設定する場合は、リンクアイコンをオンにする
    サムネイルサムネイルを表示するかの選択と、サムネイル画像のサイズを選択
    リンクを設定する場合は、リンクアイコンをオンにする
    表示する抜粋・投稿本文を表示するかの選択
    excerpt:抜粋
    plain content:投稿本文(テキストのみ)
    rich content:投稿本文(HTMLタグあり)

    リンクを設定する場合は、リンクアイコンをオンにする

    Truncate Characters抜粋等を表示した場合の文字数の指定
    Breaklink『続きを読む』を表示するかの選択とその表記
    Cookie Lifetimeクッキーの有効期限の設定
    秒・分・時・日・年 から選択
    Shortcode閲覧履歴を表示するショートコード
  • STEP4
    保存
    項目を設定したら保存します。
  • STEP5
    使用イメージ
    サイトを閲覧すると、指定したウィジェットエリアに閲覧履歴が表示されるようになります。

    DD Last Viewed 使用イメージ

スポンサーリンク

ショートコードを使用する場合

  • STEP1
    ショートコードの挿入
    【DD Last Viewed】ウィジェット設定の一番下に表記されたショートコードを表示したい箇所に挿入します。
    DD Last Viewed 使用方法

    ショートコード

    [dd_lastviewed widget_id="○○○"]

    DD Last Viewed 使用方法

  • STEP2
    使用イメージ
    ショートコードを挿入し保存すると、投稿内など好きな箇所に閲覧履歴を表示することができるようになります。

    DD Last Viewed 使用イメージ

ショートコードだけを使用したい場合

ウィジェットエリアに表示せずに、ショートコードだけを使用したい場合は『使用停止中のウィジェット』に【DD Last Viewed】を移動します。

DD Last Viewed 使用方法

動作確認環境

  • バージョン 4.0
  • WordPress 5.3
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【DD Last Viewed】は、サイトの閲覧履歴を表示するプラグイン。
  • 訪問者が過去に見た投稿をサイドバーなどに表示することで、便利で使いやすいサイトにします。

他に閲覧履歴を表示するプラグイン

サイトの閲覧履歴を表示する【DD Last Viewed】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク