記事ごとに異なるCSSを適用させるカスタマイズ方法【プラグイン不使用】

記事ごとに異なるCSSを適用させるカスタマイズ方法【プラグイン不使用】

投稿毎に異なるCSSを適用させることができると、便利になりますね。
以前、記事や固定ページごとにCSSを追加させるプラグイン【WP Add Custom CSS】を紹介しましたが、プラグインを使わなくても投稿毎にCSSを適用させる方法があるんです。

プラグインは便利だけれど、有効化するプラグインの数はできるだけ減らしたいもの。
サイトが重くなるのも、何か不具合が起きてしまうのもイヤですからね。

コードをfunctions.phpに記述することで、投稿画面に『カスタムCSS』入力フィールドを表示させる方法を紹介しますね。

こんな場合におススメ

  • 投稿記事・固定ページごとに異なるCSSを追加したい
  • カスタムCSSの機能はほしいけれど、プラグインは使いたくない

functions.phpを編集する

注意
function.phpに変更を加える場合は、必ずバックアップを取ってから行うようにしてください。
  • 外観 > テーマエディター > functions.phpを編集する
  • functions.phpにコードを追記する

  • または、FTPソフトを使用して wp-content > themes > 使用しているテーマフォルダ 内のfuncstions.phpをバックアップ・編集する

追記するコード

functions.php

//『カスタムCSS』入力フィールドを投稿画面に追加する
add_action('admin_menu', 'custom_css_hooks');
add_action('save_post', 'save_custom_css');
add_action('wp_head','insert_custom_css');
function custom_css_hooks() {
    add_meta_box('custom_css', 'カスタムCSS', 'custom_css_input', 'post', 'normal', 'high');
    add_meta_box('custom_css', 'カスタムCSS', 'custom_css_input', 'page', 'normal', 'high');
}
function custom_css_input() {
    global $post;
    echo '<input type="hidden" name="custom_css_noncename" id="custom_css_noncename" value="'.wp_create_nonce('custom-css').'" />';
    echo '<textarea name="custom_css" id="custom_css" rows="5" cols="30" style="width:100%;">'.get_post_meta($post->ID,'_custom_css',true).'</textarea>';
}
function save_custom_css($post_id) {
    if (!wp_verify_nonce($_POST['custom_css_noncename'], 'custom-css')) return $post_id;
    if (defined('DOING_AUTOSAVE') && DOING_AUTOSAVE) return $post_id;
    $custom_css = $_POST['custom_css'];
    update_post_meta($post_id, '_custom_css', $custom_css);
}
function insert_custom_css() {
    if (is_page() || is_single()) {
        if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post();
            echo '<style type="text/css">'.get_post_meta(get_the_ID(), '_custom_css', true).'</style>';
        endwhile; endif;
        rewind_posts();
    }
}
参考 WordPressで投稿/固定ページに個別CSSを追加できるプラグインWebお役立ちネタ帳

カスタム投稿タイプでもカスタムCSSを使用したい場合

7行目あたり『add_meta_box(‘custom_css’, ‘カスタムCSS’, ‘custom_css_input’, ‘page’, ‘normal’, ‘high’);』の次の行に下記のコードを追記し『カスタム投稿のスラッグ』をお使いの環境のものに変更してください。

functions.php

add_meta_box('custom_css', __('カスタムCSS', 'custom_css_input'), 'custom_css_input', 'カスタム投稿のスラッグ', 'normal', 'high');

『カスタムCSS』表示イメージ

カスタムCSS入力フィールド表示
functions.phpに追記保存すれば、自動的に投稿画面に『カスタムCSS』入力フィールドが表示されるはずですが、もし表示されなかった場合は、表示オプション内の『カスタムCSS』にチェックを入れてください。

動作確認環境

  • WordPress 5.2.2
このカスタマイズは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • プラグインを使わないで、記事や固定ページごとにCSSを追加させる『カスタムCSS』入力フィールドを投稿画面に表示するカスタマイズ方法です
  • functions.phpに変更を加えたくなかったり、もしくは自信がないという方は、プラグインを使うことをおススメします。
投稿・固定ページに個別でCSSを追加する【WP Add Custom CSS】の使い方投稿・固定ページに個別でCSSを追加する【WP Add Custom CSS】の使い方

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA