従来のウィジェット設定画面に戻すプラグイン【Classic Widget】

WordPress5.8からウィジェット設定画面がガラリと変わり、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

ウィジェットエリアがブロックエディター化されたことで、ブロックを自由に配置できるようになりましたが、従来の設定画面に慣れた身としては、正直ちょっと使いづらいというものです。

だったら今までの設定画面に戻してしまいましょう。

Classic Widget】は、従来のウィジェット設定画面に戻すことのできるプラグイン。

WordPress5.8以降でも、引き続き旧バージョンのウィジェット設定画面を使用することができます。

こんな場合にオススメ
  • 従来のウィジェットエリアを使用したい
  • ブロックエディター化したウィジェットエリアが使いにくい
プラグインを使ってできること
  • WordPress5.8以降でも、従来のウィジェット設定画面を使用することができる
  • ウィジェット管理のブロックエディターを無効化する
目次

インストール

【Classic Widget】インストール
【Classic Widget】インストール
インストール方法
  1. ダッシュボード > プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Classic Widgetで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

手動でインストールする方法はコチラ

使用イメージ

【Classic Widget】を有効化すると、自動的に従来のウィジェット設定画面に変更されます。

【Classic Widget】有効化前

【Classic Widget】有効化前

【Classic Widget】有効化後

【Classic Widget】有効化後

動作確認環境

  • バージョン 0.2
  • WordPress 5.8

このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Classic Widget】は、Wordpress5.8以降でも、従来のウィジェット設定画面を使うことができるようになるプラグイン。
  • ブロックエディター化したウィジェットエリアにどうしてもなじめない場合にどうぞ。

問題点

【Classic Widgets】は下記の通り、2022年までは公式でサポートすると明記されてはいますが、期限が早まる可能性もあります。

いずれは新しいウィジェット設定画面に切り替えていかなければいけないときがくることも踏まえ、新しい環境にも慣れていった方がいいでしょう。

Classic Widgets は WordPress チームがメンテナンスする公式プラグインです。従来の (「クラシック」) WordPress ウィジェット設定画面を戻します。少なくとも2022年まで、または必要な期間、サポートとメンテナンスが行われます。

Classic Widgets – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる