WP5.0以降でも旧エディタを使えるようにする【Classic Editor】の使い方

WordPress5.0からエディタが『Gutenberg』に変更されました。
Gutenbergは使いこなすことができれば、とても便利なエディタなのだろう、ということは分かります。
けれど、今までのエディタに慣れた身としては、正直とても使いづらい。
だったら今まで使っていたエディタに戻してしまいましょう。

Classic Editor】は、Wordpress5.0以降でも旧バージョンのエディタを使うことができるプラグイン
今まで通り使い慣れたビジュアルエディタとテキストエディタを使用することができます。

こんな場合におススメ

  • 旧エディタ(テキストエディタ)を使いたい
  • 以前のバージョンのエディタに戻したい

プラグインを使ってできること

  • WordPress5.0以降でも、旧バージョンのテキストエディタを使うことができる
スポンサーリンク

インストール

Classic Editor インストール

  1. ダッシュボードから プラグイン > 新規追加 とクリック
  2. Classic Editor“で検索する
  3. “今すぐインストール”を選択。インストール後、有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。
Classic Editor – WordPress プラグイン | WordPress.org

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする […]

WordPressのプラグインをインストールする方法

Classic Editorの設定

Classic Editorを有効化すると、管理画面 > 設定 > 投稿設定のなかに、設定項目が追加されます。
Classic Editor 設定

デフォルトエディタの切り替え

すべてのユーザーのデフォルトエディター:
クラシックエディター:旧エディタ(初期値)
ブロックエディター :ブロックエディタGutenberg

旧エディタに切り替える場合は、クラシックエディターを選択します(初期値のまま)

エディタの切り替えを投稿画面でも行えるようにする

ユーザーにエディターの切り替えを許可します。:
『はい』を選択すると、投稿画面にエディタの切り替え項目が追加されます。

旧エディタからブロックエディタに切り替える場合

旧エディタからブロックエディタに切り替える場合

ブロックエディタから旧エディタへ切り替える場合

ブロックエディタから旧エディタへ切り替える場合
『いいえ』の場合、エディタの切り替えは設定画面からのみとなる。(初期値)

動作確認環境

  • バージョン 1.5
  • WordPress 5.2.2
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Classic Editor】はWordpress5.0以降でも、旧バージョンのエディタを使うことができるようになるプラグイン。
  • 新エディタ【Gutenberg】が使いづらいという場合におススメです。

問題点

【Classic Editor】は、下記の通り、2022年までは公式でサポートすると明記されてはいますが、期限が早まる可能性もあります。
なので、それまでは旧エディタを使いつつ、Gutenbergに慣れていきたいと思います。

Classic Editor is an official WordPress plugin, and will be fully supported and maintained until at least 2022, or as long as is necessary.

出典:Classic Editor | WordPress.org

WP5.0以降でも旧エディタを使えるようにする【Classic Editor】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク