パンくずリストを表示するプラグイン【Catch Breadcrumb】の使い方

ユーザーが今サイトのどのページを見ているのかを分かりやすく表示したパンくずリスト。

ユーザビリティの向上だけでなく、SEOにおいても効果を期待できるため、サイトの必須項目であるといってもいいでしょう。

Catch Breadcrumb】は、パンくずリストを簡単に表示することのできるプラグイン。
パンくずリストを表示したい位置を指定することができます。

こんな場合におススメ

  • パンくずリストを表示したい
  • 検索順位の上昇といったSEO対策をしたい
プラグインを使ってできること

  • パンくずリストを表示する
スポンサーリンク

インストール

Catch Breadcrumb インストール
Catch Breadcrumb インストール
  1. 管理画面 > プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Catch Breadcrumbで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

Catch Breadcrumb

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする[…]

WordPressのプラグインをインストールする方法

【Catch Breadcrumb】の設定

  • STEP1
    Catch Breadcrumbを開く
    プラグインを有効化すると、管理画面 内に【Catch Breadcrumb】項目が追加されるので、そこから設定を行います。

    Catch Breadcrumb 設定

  • STEP2
    項目の設定
    Catch Breadcrumb 設定

    Content Selectorパンくずリストを表示するセレクタの指定
    指定したセレクタの手前または後ろにパンくずリストを表示する
    Display Breadcrumbパンくずリストを表示する位置の選択
    Before:手前
    After:後ろ
    Breadcrumb Separatorパンくずリストのセパレーター(区切り文字)の指定
    Enable Home Iconホームアイコンを表示するかの選択
    Enable On Home Pageホームページ(トップページ)にパンくずリストを表示するかの選択
    Reset Options設定をデフォルトに戻す場合に選択
  • STEP3
    保存
    項目を設定したらSave Changesをクリックして、設定を保存します。
スポンサーリンク

任意の位置にパンくずリストを表示したい場合

『Content Selector』に指定した位置にパンくずリストは自動的に表示されますが、コードを記述して任意の位置にパンくずリストを表示することもできます。

テーマファイルにコードを記述して表示する場合

PHP

<?php echo do_shortcode( '[catch-breadcrumb]' );?>

ショートコードを記述して表示する場合

ショートコード

[catch-breadcrumb]

動作確認環境

  • バージョン 1.3
  • WordPress 5.3
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • Catch Breadcrumb】は、パンくずリストを簡単に表示することのできるプラグイン。
  • パンくずリストを表示したい位置を指定することができます。

他にパンくずリストを表示するプラグイン

パンくずリストを表示するプラグイン【Catch Breadcrumb】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク