記事をサイドバー等にランダムに表示する【Advanced Random Posts Widget】の使い方

記事数が増えてくると、過去に書いた記事がだんだんと埋もれがちになってしまいます。
せっかく書いた記事ですもの。人気記事や最新記事以外も、読んでいただけると嬉しいものです。

サイドバーなどにランダムに記事が表示されていれば、きっと他の記事にも目を向けていただけるはず。

【Advanced Random Posts Widget】は、投稿記事をサイドバーなどのウィジェットエリアにランダム表示するプラグイン。

投稿をランダムに表示することで、埋もれてしまいがちな過去の投稿に目をとめていただける可能性が高くなります。

こんな場合におススメ

  • 人気記事・最新記事だけでなく、もっと他の記事も見てもらいたい
  • 過去に書いた記事を埋もれさせたくない
プラグインを使ってできること

  • サイドバーなどに過去の投稿記事をランダムに表示できる
スポンサーリンク

インストール方法

Advanced Random Posts Widget インストール
Advanced Random Posts Widget インストール
  1. 管理画面 > プラグイン > 新規追加 とクリックする
  2. Advanced Random Posts Widgetで検索する
  3. 今すぐインストールをクリック。インストール後有効化する

または、配布サイトからダウンロードして、インストール。

Advanced Random Posts Widget

手動でインストールする方法はコチラ

関連記事

WordPressのプラグインをインストールする方法は、全部で3つあります。 ダッシュボードから検索してインストールする ダッシュボードからZIP形式のファイルをアップロードする FTPでサーバーにアップロードする[…]

WordPressのプラグインをインストールする方法

投稿記事をランダムに表示する方法

ウィジェットエリアに表示する場合

  • STEP1
    ウィジェットを開く
    管理画面 > 外観 > ウィジェット を開きます。

    Advanced Random Posts Widget 使用方法

  • STEP2
    ウィジェットを追加する
    Random Posts】を表示したいエリアに、ドラッグ&ドロップまたはウィジェットを追加します。

    Advanced Random Posts Widget 使用方法

  • STEP3
    General・Posts
    Advanced Random Posts Widget 設定
    Advanced Random Posts Widget 設定

    General

    Titleウィジェットのタイトル
    Title URLタイトルに設定するリンクのURL
    CSS ClassCSSのクラス名
    HTML or text before the random postsランダム投稿の前に表示するHTMLまたはテキスト
    HTML or text after the random postsランダム投稿の後に表示するHTMLまたはテキスト

    Posts

    Ignore sticky posts先頭固定表示にした投稿を無視するかの選択
    (未チェックで固定表示した投稿が常に表示される)
    Number of posts to show表示する投稿数を選択
    (-1を指定ですべての投稿をランダム表示する)
    Offset
    Post type表示する投稿タイプを選択
    Post status表示する投稿ステータスを選択
  • STEP4
    Taxonomy・Thumbnail
    Advanced Random Posts Widget 設定
    Advanced Random Posts Widget 設定

    Taxonomy

    Limit to Categoryランダム投稿に表示するカテゴリーを選択
    (すべて未チェックですべてのカテゴリーの中からランダム表示する)
    Limit to Tagランダム投稿に表示するタグを選択
    (すべて未チェックですべてのタグの中からランダム表示する)
    Limit to Taxonomyランダム投稿に表示するタクソノミーをIDで指定

    Thumbnail

    Display thumbnailサムネイルを表示するかの選択
    Thumbnail Sizeサムネイルのサイズを選択
    Use custom thumbnail sizesサムネイルサイズの数値を指定する場合に選択
    Width & Heightサムネイルの幅と高さを指定
    Thumbnail Alignmentサムネイルを表示する位置を選択(左・右・中央)
  • STEP5
    Extras・Custom CSS
    Advanced Random Posts Widget 設定
    Advanced Random Posts Widget 設定

    Extras

    Display full post投稿の全文を表示するかの選択
    Display excerpt抜粋を表示するかの選択
    Excerpt Length抜粋を表示した場合の文字数を指定
    Display Date投稿日を表示するかの選択
    Display Modified Date更新日を表示するかの選択
    Use Relative Date. eg: 5 days ago相対日付を使用するかの選択

    Custom CSS

    Custom CSSCSSでデザインをカスタマイズする場合に使用する
  • STEP6
    保存
    項目を設定したら保存します。
  • STEP7
    使用イメージ
    保存すると、指定したウィジェットエリアにランダム投稿が表示されます。

    Advanced Random Posts Widget 使用イメージ

スポンサーリンク

ショートコードを使用して表示する場合

ショートコードを使用して、投稿記事や固定ページ等の本文内にもランダム投稿を表示することができます。

  • STEP1
    タイトル1
    下記のショートコードを記述します。

    ショートコード

    [arpw]

    Advanced Random Posts Widget ショートコード使用

  • STEP2
    使用イメージ
    ショートコードを挿入し保存すると、投稿内など好きな箇所にランダム投稿を表示することができるようになります。

    Advanced Random Posts Widget ショートコード使用 使用イメージ

  • STEP3
    引数一覧
    また、引数を指定することで、投稿数やサムネイル表示等を変更することができます。

    引数一覧
    title=””タイトル
    offset=””
    limit=”5″表示する投稿数
    post_type=”post”表示する投稿タイプ
    post_status=”publish”表示する投稿ステータス
    ignore_sticky=”1″先頭固定表示を無視するかどうか
    taxonomy=””タクソノミーを指定
    cat=””カテゴリーを指定
    tag=””タグを指定
    thumbnail=”false”サムネイルを表示するかどうか
    thumbnail_size=”arpw-thumbnail”サムネイルのサイズを指定
    thumbnail_align=”left”サムネイルの位置を指定
    excerpt=”false”抜粋を表示するかどうか
    excerpt_length=”10″抜粋の文字数
    date=”false”投稿日を表示するかどうか
    date_modified=”false”更新日を表示するかどうか
    date_relative=”false”相対日付を使用するかどうか
    css_class=””CSSのクラス名
    before=””ランダム投稿の前に表示するテキスト
    after=””ランダム投稿の後に表示するテキスト

動作確認環境

  • バージョン 2.2.0
  • WordPress 5.3
このプラグインは上記の環境で動作を確認しましたが、ご使用の環境によっては、動作しないなどの不具合が起きる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

  • 【Advanced Random Posts Widget】は、サイドバーなどのウィジェットエリアに過去の投稿記事をランダムに表示するプラグイン。
  • 投稿記事をランダム表示することで、埋もれてしまいがちな過去の投稿に目をとめていただける可能性が高くなります。
記事をサイドバー等にランダムに表示する【Advanced Random Posts Widget】の使い方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク